アイデア次第でヒット商品を生み出せるスマホのアプリ開発

話題のアプリを
効果的に導入させる

相場を知る

スマートフォンアプリ開発は今では多くの人が簡単に行うことができるようになっている為、ほとんどの場合外注でアプリ開発を行っています。今後もフリーでアプリ開発を請け負うプログラマーは増えていくといわれています。

詳しく読む

人気の流れ

アプリ開発はスマートフォンが普及しだしてから一気に広がりました。以前はパソコンで行うものばかりでしたが、スマートフォンの普及に伴って、今後も携帯端末が主流になってアプリ開発が行なわれていくと言われています。

詳しく読む

OSの違いについて

スマートフォンアプリの価格は内容や技術によって大きく違います

スマートフォンアプリ開発と一言に言っても、現在iPhoneなどに搭載されているiOSと、Android搭載のスマートフォンによって作り方に違いがあります。そのため両方に対応したアプリを作るには工数がかかってしまいます。そして開発環境もさまざまなものが用意されています。iOSはObjective-C、AndroidはJavaがメジャーな開発言語です。しかしそれ以外にもAdobeのFlashからAirアプリとして開発することができたり、C言語での開発も可能です。クロスプラットフォームでの開発は同じリソースを活用できることから、低い予算でも2つのスマートフォンに対応することが可能となっています。しかし制限されている機能もあるため、開発前にどの言語で制作するか内容と技術を綿密に計画することが大切です。

進化していくOSとアプリ開発

スマートフォンアプリ開発が増えてきたのはここ近年になってからのできごとです。それまではガラケーと呼ばれるフューチャーフォンが携帯のシェアの大部分を占めていました。スマートフォンは持ち運びができる小さいパソコンのようなものです。アプリを入れることで機能を拡張できるため、無限の可能性があります。人気に火をつけたのはAppleが発表したiPhoneが始まりでした。今では一般の小さい企業でもスマートフォンアプリ開発をし、顧客を増やす営業ツールとして活用しているところがあります。一般の個人でも簡単な登録をするだけでアプリを公開し、そこから利益を得ることも可能です。スマートフォンアプリ開発という仕事は今後ますます増えていくものと思われます。

ポイントを抑える

タブレット端末の中でも人気のipadは、アプリ開発も積極的に行なわれています。アプリ開発をするときは、一般向けのものと業務用のものに分けられますが、特に業務用の場合はアプリの信頼性がかなり重要視されます。

詳しく読む