アイデア次第でヒット商品を生み出せるスマホのアプリ開発

話題のアプリを
効果的に導入させる

相場を知る

外注が主流となったスマートフォンアプリ開発の相場

スマートフォンの普及に伴い、アプリを活用したビジネス戦略が展開されるようになってきました。しかし、一般企業がスマートフォンアプリ開発を担える人材を抱えることはコスト的に不利な場合も多く、外注するのが一般的な傾向として生まれてきています。 スマートフォンアプリ開発の単価はそのアプリに対する要求によって大きく上下しますが、10万円から100万円程度が比較的小規模なアプリ1つに対する報酬となっています。 1からの開発ではなく、新たな機能の実装についても外注されることが増えており、その場合には今回アップデートを考えているスマートフォンアプリの開発において契約した費用の半額程度を上限として募集する傾向があります。

ニーズの著しい向上が担い手を増やす傾向

スマートフォンが普及し始めてからまだ数年しか経過していないにもかかわらず、所有している人の割合は増加の一途を辿り、ほとんどの人が所有するようになってきました。 もともとアプリ開発はスマートフォンの提供会社が担ってきたり、フリープログラマが制作を行ってきたりしていた面が大きかったものの、この普及が状況を変えました。小遣い稼ぎとしてスマートフォンアプリ開発を行う人も増加し、アマチュアが作ったもとも広まり始めたのです。それに加えてスマートフォンアプリ開発を専門とするIT企業も急激に増えてきています。また、ビジネス戦略としてアプリの活用をする企業が増えたことから、その仕事の依頼を請け負うフリープログラマも増加の一途を辿る状況が続いているのです。